読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花粉症

花粉症の発症する季節に差し掛かっている。

私も20代前半から徐々に花粉症の症状が出始め、重度花粉症患者になっていた。


職場だろうが家だろうが運転中だろうが目はショボショボ、クシャミは出る出る。

薬を飲めば眠くなる。



ところがあることをし出して、症状が緩和している。


それは断食である。


ダイエッターのわたしは事ある毎に食事制限をしていたが、20代中盤で食事を取る時と制限した時の症状から体験として緩和されていることに気づいたのだが、どうも他人に勧められない気がした。

あくまで私の体験からの事なので、他人に断食しろとお勧め出来る根拠が乏しかったからだ。


飛散量が少なくても花粉症悪化のワケ 花粉症軽減のカギは腸内環境にアリ | 病気もどき注意報! -  東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/31732 


『アレルギーの9割は腸で治る!』(大和書房)の著者、東京医科歯科大学藤田紘一郎名誉教授が指摘する。

「腸内環境が整っているかが、症状の悪化に関与しています。腸は単なる消化器官ではなく、口から入る異物から身体を守るために免疫細胞の70%が存在し、免疫機能の要となっているのです。ところが、食生活の変化により、腸内環境が悪く、免疫機能に悪影響を及ぼしている人が多い。結果として、花粉症もひどくなりやすいのです。アレルギーのみならず、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの症状も悪化しやすいので、注意が必要といえます」

上記URLの引用ではあるが、とにかく腸内環境を整えろ。という事だ。


正しい食生活を送れとの事だが、確かに、未成年の時は母親が食生活を管理してくれていたが、親元を離れてから症状が出始め悪化していた。



昔、殆どタロイモしか食べないパプワニューギニアの高地人は筋肉隆々なのはなぜなのか?を特命リサーチ200xでやっていた。


結論は腸内細菌のお陰であるということだった。


しかも半年食事を変えれば、パプワニューギニア高地人のような腸内環境になれる可能性もあるらしい。


つまり、腸内環境は変えられるという訳だ。

ヨーグルトを食べるのもいいかもしれない。

しかし、半年もタロイモや粗食やヨーグルトを毎日食べるのは辛いとわたしは思う。



そこで断食である。


やり方はネットに転がっていると思うので調べていただきたいが、

今から記するのは自己流のやり方だと断っておきたい。


2〜3日水やお茶だけで過ごす。


これだけ。


どうしてもお腹が減った場合は、りんごやバナナなどの果物を1日一つ食す。


これでかなり症状が緩和される。

もし花粉症が辛い方で試した事がない方はやってみては如何だろうか?


※あくまで個人の体験です。




BAD HABIT

何故痩せたいのかと問われたら答えられるだろうか。

ある人はモテたい。

ある人は健康のためと答えるのだろうか。

わたしは忘れてしまった。



昔テレビで曙が大銀杏を切り、夫人とともに焼肉を食べている場面があった。

曙と言えば、K-1への転身を図った時期であり、奥さんは曙にそれ以上は食べないでと静止したが、大相撲の感覚そのままに食べたい曙は、うるさいんだよと怒りながら食べていた。

デブの容姿が醜いのではない、デブの考え方が醜いのだ。


そう私のように。


http://moteradi.com

ネットラジオ界の重鎮のぶたおさんと誰からも愛されるてっちゃんさんという方々が毎週放送しているネットラジオだ。


この毎週というのがすごい。


残念ながら私は毎週聴けていない。

だが、2、3回聴いた全てが面白かった。これは凄い事だと思う。



ぶたおさんとは数回会わせていただいたし、てっちゃんさんとは数年前に一回会わせていただいた事があります。

てっちゃんさんはかなりの大柄で、笑顔が素敵なナイスガイ。

包容力がかなりある方とお見受けしまし

た。



それから数年後、私より大柄だったてっちゃんさんが私よりカッコいい体になりつつあるようだ。(DBSとてっちゃんさんの差は慢心環境の違い)



ぶたおさんの力というのは言い過ぎかもしれないが、なんらかの助けがあったのではないかと推察される。

勿論、てっちゃんさん個人の努力を忘れてはならない。



http://tettyagi.hatenablog.com/entry/2014/11/26/ガチでダイエットを始める前に知ってほしい事

てっちゃんさんのダイエットのやり方に関しては上記URLを参照いただきたい。






さて、振り返って自分である。


私は何度もダイエットを成功させたダイエットの先生な訳だが、つまりリバウンドを繰り返して来たボンクラです。


てっちゃんさんは順調に体重を減らし、カッコいい体まっしぐらな訳だが、私はダメ人間まっしぐらな訳です。


自分の為に、そしてこのブログを見て頂いたダイエッターの方に反面教師としてダメだった部分を綴りたい。


1.過度な食事制限で短期的結果を求める。


残念ながら、食事制限をすると筋肉から先にエネルギーに変わっていくらしい。

リバウンドする度に筋肉が落ち、より痩せにくいカッコ悪い体になってしまう。

運動しないから大柄になってしまっているのに、大柄の体重増加のベクトルを無視して一念発起してきつい運動しても、脂肪と筋肉が両方落ちてしまう。


そして目標を達成するともう大丈夫だろと食べてしまう。

そりゃ戻るわ。


2.体がデカイから痩せたい

何を当たり前の事をと思われる方も多いと思うが、これは上記の1と関連する部分である。

力士を連想してほしい。彼らは筋肉の上に皮下脂肪を蓄えており、おすもう様然としている。

現代社会一般においておすもう様の体型はカッコ良くはないだろう。

折角、体がある程度細くなったのに(筋肉が落ちて)、筋肉でデカくなりたくないという馬鹿な思い込み。

筋肉の方が脂肪より体積が小さいとしても、デカくなりたくないという錯覚。



3.出不精&面倒くさがり

決定的にダメな部分である。

食べない事だけを習慣化しても、ちょっと食べればそれ幸いと食事量が増えていく。

だから大柄なんだよ!このデブと罵ってください。



4.体重維持

体重維持を心がけながらも、結局、太ももは太いまま。運動や筋トレをせずに痩せると太ももの肉は残ってしまう。

もっと痩せなくては、より過度な食事制限へと走る。

続けられればいいが、そんなもん続けられる訳がない。

レコーディングダイエットの岡田氏は1500kcalを目標に言っていたと思うが、それでも彼はリバウンドし始めている。



5.習慣化出来ない。

食べないという習慣化をしても、どこかで頭打ちしてしまう。

所謂停滞期という奴だ。

そこで運動や筋トレを習慣化すれば良いものをそれなりに結果を出してしまっている為、自分のやり方に固執してしまうのだ。

リバウンドするのにね。


太っているということは食べ過ぎているということだ。

食べ過ぎているということは体重が増えるということ。

アメリカでは自己管理出来ていない云々をこち亀で読んだ記憶があるが、確かにそうかもしれない。

管理出来てない。体重が管理出来ないということは、だいたい他の事も大らか、悪く言えばズボラになってしまっているという可能性が高い。




アメリカ「ワシントン・ポスト」のダイエットに関する調査によると、200人がダイエットをしても目標体重になれる人は10人で、その体重を相応な間保てる人はわずか1人なのだという。成功率では0.5%。この数字を見ると、そもそもダイエットというものは、敗北感や挫折感を味わうためにあるのではないかという気さえしてくる(「ダイエットがやめられない」片野ゆか著/新潮社より)。

上記は引用であるが、ダイエットとは継続習慣でしかないため、自分の生活全般を見直す事がダイエットの始まりではないかと思われる 。


 

まずは一般的に体に良いとされる事や食事を取る時にいただきます等を習慣化させていく事がダイエットの第一歩ではないだろうか。


ダイエッターの方々も先ずは習慣化の入り口として、もてラジを毎週聴くことから始めては如何だろうか?




メンズブラを考える

数年前になるが、メンズブラなる物がテレビに取り上げれたことがあった。


その時はまた馬鹿なことをと思っていたが、年々メンブラに対する認識が変わってきている自分に気づいた。


そう冬が終わり始めた今だから。

春を経て夏が来る。

乳首透け問題である。


女性の80%以上が男性のTシャツが透けるのを嫌う傾向にあると言う。


私などは大柄のため、乳首が透けるどころかひょっこりひょうたん島のように隆起してしまっている。

これは余計に女性に好かれる訳はない。




私「好きです!!」

女性「乳首透けてる…」

私「というのが今回のPDCAの概要です」

上司「乳首透けてる…」

私「財布を拾いました」

警察官「乳首透けてる」


などとという妄想が始まる時点で負けている。というか、負い目を持ってしまった時点で負けてしまっている。


そのコンプレックスを解消するにはメンズブラしかないんじゃないなどと考えたが、そうなると


私「結婚してください」

女性「ブラつけてる…」

となる可能性があり、今度は乳首よりこいつ、変質者なんじゃねえ?と思われる可能性がある。


武田久美子も乳首を隠す為に貝殻をつける大柄も考えたが、今度はTシャツが貝殻型に隆起してしまう。



そうだ!ニップレスだ!

女性にしたら当たり前の考えだろうが、男である私には落雷に打たれたような衝撃であった。


そのまえに大柄やめろよ。というツッコミを浴びながら締めたい。


誰だって美少年に生まれたかった

美醜というものは古今東西変わらず、ある一定数の人間を苦しめてきた。

美しさがあるから醜さがあり、醜さがあるから美しさがある。

芸術は敵だ!!と訳の分からない事を書き、後悔しながら本題に戻りたい。


誰だって美少年になりたかったはずなのだ。

妄想の中で年上女子に誘惑されるシーンを考えなかった男はいないと断言出来る。

少なくとも私は何度も考えた。

つまり誘惑されずに歳を重ねてしまった亡骸。それがわたしです。


女子だって美少年に生まれたかったはずだ。

女子の方が男子より同性へのスキンシップに抵抗がなく、あくまで漫画ではあるが、女子校でお姉さま(宝塚的)が女子から憧れやラブレターなんか貰っちゃうシーンを何度か見たことがある。

主人公ではないが、それなりの漫画上のキャラクターとして読者に嫌われることなく受け入れられている。



しかし今の私の年齢では年上(女子)

と言うのも憚れる状態ではあるが、とまあ愚痴はこれくらいにしておいて、下記URLを見ていただきたい。


http://youtu.be/Qu8Aa4k9RJo



エドワードファーロングさんである。

美しい、麗しい。


中学生の時などエドワードさんカッコいい❤️などと私に言ってくる女子

がいたが、「はっは、そうなんだ」

と乾いた笑いを発するのが精一杯だった。

その時エドワードファーロングさんになりたいと思ったね。


ネットではエドワードファーロングさんの近影のお姿が散らばっているので、ご存知の方も多いだろうと思うが、彼はコカイン摂取により人相が変わり始め、不摂生により大柄化していらっしゃる。


声を大にして言いたい。


私がなりたかったのはエドワードファーロングさんのような美少年であって、現在のエドワードファーロング(大柄)じゃない!!



というわけでHULUでターミネータ2が公開され、彼を見て思い出したのではてなブログという物を始めてみたのだった。